花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症を悪化させる食べ物はありますか?

 

「1日1個のリンゴで医者いらず」

 

このことわざを見れば、
リンゴは体に良いものという認識になります。

 

ですが、花粉症の人には、
リンゴがデメリットになるとのことです。

 

それは、リンゴが花粉に似た分子構造を持っているため、
免疫細胞がリンゴを異物と捉え、
アレルギー反応を発生させてしまうとのことです。

 

これを踏まえ、花粉症にデメリットとなる
食べ物を紹介したいと思います。

 

まず、加工食品です。

 

インスタントラーメン等、
加工食品には様々な化学調味料が使用されています。

 

化学調味料は、ホルモンバランスを乱す原因となり、
免疫バランスを乱す恐れがあるため、
花粉症の人には、デメリットとなるとのことです。

 

続いて砂糖です。

 

砂糖は、粘液の分泌を促進する成分が配合されているため、
アレルギー症状を悪化させる恐れがあるとのことです。

 

ですから、甘みが欲しい時は砂糖を使用せず、
ハチミツを利用されることをおすすめします。

 

次は、豆乳です。

 

豆乳と聞けば、大豆に含まれるイソフラボンが
女性に必須な栄養素と言われますが、
カバノキ科の花粉症患者にはNGになります。

 

重度のアナフィラキシーショックを
起こす恐れもあるとのことですのでご注意下さい。

 

続いて、白米、プロテインについてです。

 

私達日本人は、毎日のように白米を食べており、
体を作るためにプロテインを利用されている人も
多いのではないでしょうか?

 

でも、何故、悪いのか?

 

それは、炭水化物に含まれる
グルテンに問題があるとのことです。

 

グルテンは、ホルモンバランスを乱し、
免疫力を低下させる恐れがあるため、
花粉症の人にはデメリットとなり得る可能性があるとのことです。

 

最後は、誰もが好きな肉類です。

 

「ベジタリアンは花粉症に悩まない」と仰る方がいらっしゃいます。

 

私達日本人は腸が長く、肉等消化の遅い食べ物を食べると、
老廃物が長く腸に留まった結果、善玉菌が減少し免疫力が低下します。

 

これが、花粉症には
肉がデメリットと言われる所以になります。

 


花粉症を悪化させる食べ物はありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。