花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

濡れタオルは花粉症に効果ありますか?

 

花粉症の症状を少しでも楽にしようと、毎日の生活習慣を変え、
マスクやメガネなどの花粉症対策アイテムを駆使し、
花粉の飛散に備える人も増えているとのことです。

 

その対策の中でもっとも手軽にできる対策の一つが、
濡れタオルの活用ではないでしょうか?

 

濡れタオルは、その言葉の通り、タオルを水、
もしくはお湯で濡らしたタオルのことを言います。

 

花粉症の症状には、乾燥が大敵!

 

部屋の乾燥を防ぐには、部屋中に洗濯物を干し、
乾燥を防いでいると言う主婦も多いと思いますが、
お天気の良い日まで部屋に洗濯物を干す必要はありません。

 

そんな時、活躍するのが濡れタオルになります。

 

濡れタオルは、部屋の湿度を保つためではありません。

 

部屋中に浮遊する花粉をタオルに付着させ、
床に落ちるのを防ぐ効果があるのです。

 

そのためには、部屋のあちこちに濡れタオルが必要!

 

廊下やリビングの空気の通り道になる場所に
かけることをおすすめしますが、
かけやすい場所でも問題ありません。

 

数枚から10枚程度用意し、
間隔をあけてかけていきましょう。

 

これだけで部屋を浮遊する花粉を阻み、
体への侵入を防ぐことができます。

 

更に、もう一つ。

 

手で触れるくらいの温度のお湯にタオルを浸し、
濡れタオルを作りましょう。

 

のどがいがらっぽい時や鼻づまりがひどい時は、
のどと鼻の上に乗せ、深めの深呼吸を数回行います。

 

これだけでのどを適度に潤し、いがらっぽさが取れます。

 

また、鼻に適度な潤いを与えることで、
鼻の通りが良くなり、鼻づまりが解消されるとのことです。

 

症状がつらい時等にお役立て下さい。

 


濡れタオルは花粉症に効果ありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。