花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

ペクチンは花粉症に効果ありますか?

 

「りんごが赤くなると、医者が青くなる」などと言われます。

 

りんごは、はるか昔から優れた
栄養バランスを持つ果物として知られています。

 

りんごは、花粉症の症状にも効果があることをご存知でしょうか?

 

りんごには、ペクチンという成分が豊富に含まれています。

 

そのペクチンには、花粉症の原因となる
アレルギー物質を抑制する働きがあるとのことです。

 

りんごに含まれるペプチンを効果的に摂取するには、
綺麗に洗ったりんごを皮ごと食べるのがおすすめです。

 

そのまま食べることができない人は、
皮ごとすりおろしてもOK!

 

ペプチンは皮と実の間に多く含まれているため、
皮ごと食べることがもっとも効果的だと言えるのです。

 

ちなみに、ペプチンとは、食物繊維の一種になります。

 

食べ始める時期は、花粉が飛散する2週間ほど前からがおすすめです。

 

花粉が飛散し始めてからでは、思うような効果は得られません。

 

早めにりんごを用意し、一日1個のりんごが望ましいですが、
1個丸ごと食べることが難しい人は、少量ずつでも問題ありません。

 

大切なことは、長く食べ続けることになります。

 

長く続けることで大きな効果が得られるとのことですので、
途中で諦めてしまわずに少量でも継続して食べることをおすすめします。

 

花粉症に関係がある免疫細胞は腸にあります。

 

腸を活発にすることで免疫力を高め、
アレルギーに強い体質を作ることができるとのことです。

 

最後にりんごに含まれるペプチンには、免疫力を高める効果の他、
血液サラサラ効果、肥満予防、便秘解消、整腸作用等があるとのことです。

 


ペクチンは花粉症に効果ありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。