花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

コーヒーは花粉症に効果ありますか?

 

あなたはコーヒー党ですか?

 

それとも、紅茶党ですか?

 

コーヒー、紅茶は、普段何気なく飲むものであり、
今や、日常生活に欠かせない飲み物であると言っても過言ではありません。

 

朝食時、仕事で区切りが付いた時や眠気防止に、
また、就寝前のリラックスタイムなど、
気分転換を図る際に飲まれているのではないでしょうか?

 

その何気なく飲んでいるコーヒーですが、
花粉症患者にとっては、マイナスに働く恐れがあり、
注意が必要になります。

 

それは、コーヒーに含まれるカフェインに理由があります。

 

カフェインには、利尿作用や覚醒作用、
脳細動脈収縮作用といったメリットがあります。

 

ですが、反対に自律神経のバランスを乱し、
肩こり、腰痛等の症状を悪化させる、
免疫力低下、睡眠障害を招く等の
デメリットがあることが知られています。

 

花粉症は、花粉を異物とみなした免疫が
反応することで症状が発生します。

 

免疫力を低下させるカフェインは、
花粉症患者にとってマイナスに働く可能性があるとのことです。

 

ただ、毎日1〜2杯程度のコーヒーでは、
そう大きな問題はありません。

 

コーヒーには、花粉症に良いとされるポリフェノールも
たっぷりと含まれています。

 

飲み過ぎには注意しなければなりませんが、
1〜2杯程度のコーヒーでは、
カフェインの過剰摂取にはなりませんし、
体への悪影響はないとのことですが、
そのコーヒーに砂糖を加えて飲む人は要注意です。

 

砂糖は、免疫バランスに必須のビタミンBを奪い、
症状を悪化させてしまいますので、
ブラックで飲むことをおすすめします。

 

その際、体を冷やさないホットコーヒーなら、
更にべストです。

 

ただし、飲み過ぎには、くれぐれもご注意下さい。

 


コーヒーは花粉症に効果ありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。