花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

菜の花は花粉症に効果ありますか?

 

花粉症の症状を和らげるには、日々の食事が大切です。

 

免疫力を高めるには、ビタミンA、ビタミンB、
ビタミンC、たんぱく質が特に重要です。

 

ビタミンAには、肌や鼻腔内の粘膜を乾燥から防ぐ作用がある他、
花粉症の原因となるアレルギー物質を体に侵入しにくくする働きがあります。

 

続いてビタミンBですが、こちらは疲労回復に効果があり、
ビタミンCは、皮膚、粘膜の代謝を促進、
また再生する作用があるビタミンになります。

 

たんぱく質は、皮膚、粘膜の素材を作るために必要な栄養素となっているのです。

 

ビタミンBを豊富に含む食品には、
豚肉、レバー、牛乳、うなぎなどがあります。

 

実は、花粉が飛散する時期に食べられる菜の花にも、
葉酸とビタミンB群が豊富に含まれていることをご存知でしょうか?

 

今では一年中出回っている菜の花ですが、
やはり旬は冬から春になります。

 

花粉が飛散する春先旬を迎える菜の花の
花粉の付着したつぼみを食べることで、
花粉に打ち勝つ体を作ることができるのです。

 

ちなみに、菜の花には、ビタミンB1他、
ビタミンB2、葉酸、ビタミンC、カロテン、
カルシウムや鉄等のミネラル分もたっぷり!

 

中でも女性に嬉しいビタミンC含有量は、
緑黄色野菜の中でもトップクラスの含有量となっています。

 

あるテレビ番組で心臓病、大腸がんの
リスクを軽減する効果があると紹介されたことをきっかけに、
菜の花の需要が伸びたそうです。

 

その上、インターネット上の料理サイトでも、
菜の花を使った数々の料理が多数アップされ、
人気を呼んでいるとのことです。

 

花粉症で苦しむご家族のために、
菜の花を使った料理を作ってみてはいかがでしょうか?

 


菜の花は花粉症に効果ありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。