花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症と口呼吸の関係

 

私達人間は、ほとんどの人が口で呼吸をしています。

 

ですが、花粉症は、鼻で呼吸することがもっとも重要と言われます。

 

なぜ、鼻呼吸が良いのでしょうか?

 

私達の鼻には、酸素を吸い込む機能の他、
鼻腔を通り過ぎる間に、ホコリや細菌、
ウィルスなどの異物を除去し、
同時に加湿する機能を持っています。

 

簡単に言えば、鼻は空気清浄機と
加湿器のダブルの機能を合わせ持っているのです。

 

昔むかし、我々人間は、鼻で呼吸を行っていたそうですが、
いつの頃からか、口で呼吸をするようになったそうです。

 

鼻よりも大きな口は、空気と一緒にホコリや細菌、
花粉など様々なものを吸い込んでしまいます。

 

その結果、それらの細菌が扁桃腺に付着して組織を傷つけ、
やがて、体に必要な機能を低下させることに(><)

 

当たり前ですが、体の機能が低下すると、
免疫力も低下します。

 

免疫力の低下は、様々なアレルギー疾患を招くことになるのです。

 

ちなみに、花粉症の方は、口呼吸ではなく、
鼻呼吸に変えるだけで症状が緩和することがあるとのことです。

 

ですが、口呼吸がクセになっている方は、
そう簡単には戻りません。

 

就寝前やちょっとした空き時間などを利用して、
意識して鼻呼吸を行いましょう。

 

どうしても治らない時は、最近流行りの
湿気タイプのマスクを利用してはいかがでしょうか?

 

湿気のあるマスクを就寝時に利用することで、
鼻の通りが良くなり、自然と鼻呼吸が身につき、
一石二鳥の効果が得られるとのことです。

 

マスクを着用しての就寝が難しい場合は、
鼻呼吸を行うためのグッズが販売されていますので、
それらを利用してみてはいかがでしょうか?

 


花粉症と口呼吸の関係

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。