花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症のメカニズム

 

花粉症は、どのようなメカニズムで
発生するのかについて調べてみました。

 

花粉症のメカニズムは、簡単に言えば

 

花粉 → マクロファージ → T細胞 → B細胞 → 
抗体 → 肥満細胞 → ヒスタミン → 知覚神経 → 
鼻水やくしゃみ、目の痒みなどの症状発生という流れになります。

 

鼻水やくしゃみ、目の痒みなどの症状を発生するのは、
花粉から体を守るために出す、
一番最初の防衛反応とでも言うべきでしょうか?

 

私達の体に花粉によるアレルゲンが侵入すると、
自然に免疫抑制作用が働き、
一生懸命、外へ排出しようと頑張ります。

 

それが、鼻水やくしゃみ、目の痒み、
涙などと形を変えて抵抗するのです。

 

いわば、体が発する当たり前の行動であり、
正常な免疫抑制作用と言えるでしょう。

 

ちなみに、マクロファージとは白血球の一種になり、
ヒスタミンとは、免疫系に関わりのある
免疫系から出る命令を伝達する物質になります。

 

アレルゲンが私達の体に侵入すると、
アレルゲンが血液中に存在するIgE抗体と結合します。

 

そうしますと、肥満細胞が
ヒスタミンなどの炎症性物質で攻撃を開始します。

 

そして、体に有害だと判断した場合は、その外敵から体を守るために、
ヒスタミンが体のあちこちで炎症を引き起こし体を守るのです。

 

続いて、マクロファージについて説明します。

 

マクロファージは、簡単に言えば、
体に侵入した異物を貪食する細胞を総称してこう呼ばれます。

 

体に異物が侵入した際、積極的に食べてくれる細胞になります。

 

マクロファージが正常に働いていると、
アレルゲンが侵入してもすぐ退治してくれるわけですから、
体に害を及ぼす心配はありません。

 

マクロファージが元気に働いている体こそが、
健康体であると言えるのです。

 


花粉症のメカニズム

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。