花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症とハウスダストの関係

 

花粉症とハウスダストには、
大きな関係があることをご存知でしょうか?

 

私達が日常的に使用している布団や絨毯には、
様々なダニが潜んでいます。

 

これらのダニは、廊下の角や家具の後ろに
隠れた場所にたまるホコリを始め、
髪の毛に付いたフケやペットの毛などをエサとして繁殖し、
ハウスダストの最大の原因となっているのです。

 

花粉症でお悩みの方は、
面倒でも必ず定期的に掃除機をかけること!

 

掃除をすることで、ダニの繁殖を防ぐことができ、
ダニによるハウスダストを防ぐことができるのです。

 

また、キッチンやお風呂場など、
水回りに繁殖するカビにも注意が必要です。

 

カビの胞子が空気中に浮遊し、
その空気を吸い込むとハウスダストの症状を発症します(><)

 

特に梅雨時は要注意です!

 

密閉度の高い最近の住宅は、湿度を発散できないため、
カビが繁殖しやすくなっているのです。

 

湿度の高い部屋は、窓を開けて乾燥させなければなりませんが、
窓を開けると室内に花粉が侵入します。

 

住むエリアにもよりますが、スギやヒノキが飛散する
3月から4月は、布団や洗濯物を外に干していると、
それらに付着して部屋の中に花粉が侵入し、ハウスダストの原因となります。

 

なぜ、これらのハウスダストが花粉症と関係があるのでしょうか?

 

それは、アレルギー性結膜炎や
アレルギー性鼻炎を引き起こす原因となるからです。

 

アレルギーの原因物質となるハウスダストが体内に侵入すると、
私達の体はアレルギー反応を引き起こし、鼻や目の粘膜に炎症を発症します。

 

ちなみに、アレルギー性鼻炎には、ハウスダストが原因の通年性の症状と、
花粉による季節性の症状の2種類の症状があるとのことです。

 


花粉症とハウスダストの関係

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。