花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

大豆は花粉症に効果ありますか?

 

豆の王様と言えば、私達が目にする機会の多い大豆のことを言います。

 

畑の肉とも呼ばれる大豆には、
豆類の中でもタンパク質とアミノ酸が豊富です。

 

その他にも、大豆にはビタミンB1、B2、Eといったビタミン類を始め、
カリウム、カルシウム、鉄分の他、リノール酸、オレイン酸、
サポニン、フラボノイド、レシチン等が含まれています。

 

その栄養価の高さから、古来より日常生活の中で食べられる
一般的な食品として活用されてきました。

 

ちなみに、大豆と聞けば、何を思い出しますでしょうか?

 

大豆と言えば、一番に思い浮かべるのは、
納豆、豆腐、おからではないでしょうか?

 

その大豆が、今再び見直されていることをご存知ですか?

 

それは、現代病とも言われる花粉症の症状緩和に
効果があるとされたからです。

 

大豆には花粉症の症状緩和に必要な血流改善を始め、
血行促進、整腸作用がある他、
肝機能正常化、疲労回復、貧血改善効果があり、
毎日の健康維持に役立つことが知られています。

 

例えば、リノール酸、オレイン酸は不飽和脂肪酸になりますが、
血中にたまる老廃物をスムーズに除去して、
血管を丈夫にしてくれる働きがあり、
サポニンは血液の酸化を防いでくれます。

 

納豆菌の持つ整腸作用は、腸内にたまったガス排出、
老廃物排出を促して腸内環境を整え、
ビタミンB群は疲労回復に、鉄分は貧血予防・改善に、
ビタミンEは血行促進・新陳代謝アップに役立つのです。

 

この栄養価の高さが、
豆の王様、畑の肉と呼ばれる所以になります。

 

毎日、大豆を食べるのはなかなか難しいことと思いますが、
サラダ、カレー、煮物、ミネストローネなどに活用されてみてはいかがでしょうか?

 


大豆は花粉症に効果ありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。