花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

マヌカハニーは花粉症に効果ありますか?

 

抗炎症作用を持つマヌカハニーをご存知でしょうか?

 

マヌカハニーに使用されるマヌカは、ニュージーランド原産です。

 

マオリ族の人々が古来より薬として使用していた樹木になります。

 

そのマヌカに咲く花から採取されたはちみつがマヌカハニーです。

 

もしくは、マヌカハチミツと呼ばれているはちみつになります。

 

マヌカハニーには、がん予防を始め、インフルエンザ・風邪予防、
歯周病・虫歯予防、コレステロール値の低下、糖尿病予防、
切り傷・火傷の治療等、様々な効能があります。

 

この他にも抗炎症作用があり、鼻水や鼻づまり、鼻腔内炎症等、
花粉症の症状にも効果があるとされています。

 

ハニーとの名称がついていますので、
はちみつ特有の甘い香り、味を想像される方も多いと思います。

 

ですが、生ローヤルゼリーを口に含んだ時同様、
舌先にピリッとした強い刺激のあるはちみつになります。

 

刺激を受けた後は、口の中に甘いはちみつ独特の香りが広がり、
独特の感触を実感できるはちみつとなっています。

 

ちなみに、ニュージーランドでは、
マヌカハニーは風邪・インフルエンザ予防、
皮膚疾患等の治療に用いられる医薬品として、
医療の現場で活用されているとのことです。

 

また、マヌカハニーには、UMF15+、MGO100といった
数字とアルファベットが記載されています。

 

この数字とアルファベットは、マヌカハニー独自の成分である
殺菌・抗菌力を持つ食物メチルグリオキサールの含有量を示す文字になります。

 

数字が大きいほど抗菌力が強くなります。

 

強い抗菌力が欲しい方は、数字を確認した上で、
購入されることをおすすめします。

 


マヌカハニーは花粉症に効果ありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。