花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症と洋食の関係

 

食の欧米化が問題となって久しいですが、
脂肪分の多い肉中心の食事は、
高タンパク・高カロリーになります。

 

仕事を持つ女性が増え、食卓には和食よりも
洋食が多くなったような気がしませんか?

 

和食は洋食に比べると手間がかかり、
数々の食材も用意しなければなりません。

 

洋食にも手間のかかるメニューがありますが、
家庭の食卓にあがる洋食は、
帰宅後すぐ取り掛かることができる短時間で完成する炒める、
焼くのメニューが多いのではないでしょうか?

 

高タンパク・高カロリーのメニューは体重を増やすばかりか、
成人病を引き起こす恐れもあります。

 

また、花粉症を発症することにもなり兼ねません。

 

洋食を食べたからと言って、
すべての人が花粉症になるわけではありません。

 

ですが、花粉症は、体質改善を行うことで予防することができ、
その上、症状を緩和させることができるのです。

 

ちなみに、花粉症は、一度かかってしまえば、
完治は難しいと言われる症状になります。

 

花粉症は、花粉が体に侵入し、
免疫バランスに狂いが生じることによって発症します。

 

ですので、免疫力をアップさせる効果のある食事を摂ることで、
花粉症を予防することができるのです。

 

そのためには、洋食は控えた方が賢明です。

 

洋食は、どうしても肉中心となりがち(><)

 

動物性タンパク質は、私達の体に元気をくれますが、
長く腸に留まる傾向にあり、消化が遅くなります。

 

腸に長く留まると、体はそれを異物と勘違いし、
免疫バランスを狂わせてしまうのです。

 

花粉症を予防したい方、今の症状を少しでも緩和したい方は、
洋食を控え目にし、和食中心の食事に変えることをおすすめします。

 


花粉症と洋食の関係

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。