花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

バナナは花粉症に効果ありますか?

 

花粉症にバナナが良いと言われるのは、
平成25年、筑波大学が日本バナナ輸入組合から
受託研究を受けた結果に基づいて
発表された研究結果が根本にあります。

 

研究結果においては、バナナに含まれる成分が、
スギ花粉による鼻水、くしゃみ等の
アレルギー症状を抑制する効果があることが証明されたのです。

 

ちなみに、バナナを使った花粉症対策は、
ただただ毎日バナナを食べるだけです!

 

それだけで、あのつらい症状が楽になるのであれば、
誰でも実践してみたいと考えるのは、
至極当然のことです。

 

何故、バナナが花粉症の症状を和らげるのか?

 

何故、効果があるのか、
その理由が知りたいのではないでしょうか?

 

バナナには、ブドウ糖を始め、ショ糖、果糖、
でんぷん糖などの糖質が多く含まれており、
疲労回復、スタミナ補給に活用されていますが、
メリットはそれだけではありません。

 

バナナには、抗酸化作用、免疫調整作用、抗炎症作用、
抗アレルギー作用があることをご存知でしょうか?

 

これらの効果は、全て花粉症の症状を緩和、改善するために必要!

 

バナナが花粉症の症状に良いとされる理由が
分かって頂けたのではないでしょうか?

 

では、最後に一日に摂取するバナナの量についてですが、
一日に200グラムのバナナを摂取しましょう。

 

バナナ1本約100グラムとすれば、2本で約200グラム。

 

朝食代わりに1本、夕食後のデザートとしての1本が理想ですが、
毎日バナナをそのまま食べるのは、誰でも飽きがくるものです。

 

そんな時は、バナナと牛乳を使ってバナナジュースで摂取するか、
もしくは、小さめに刻んだバナナをコーンフレークや
ヨーグルトに乗せてみてはいかがでしょうか?

 


バナナは花粉症に効果ありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。