花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

れんこんは花粉症に効果ありますか?

 

れんこんが花粉症の症状に効果があると言われて久しいですが、
何故、れんこんには花粉症の症状を緩和する効果があるのでしょうか?

 

ちなみに、花粉症に効果的とされている食品には、
れんこんの他、トマト、バナナ、青魚などがあります。

 

では、れんこんが花粉症に効果的な理由についてですが、
それは、れんこんに含まれるムチン、ポリフェノール、
タンニンという3つの成分に、その理由があります。

 

ムチンとは、れんこんの持つネバネバ成分のことを言います。

 

タンパク質の吸収を良くする他、
花粉症の原因となるIgE抗体を抑制する働きと
抗炎症作用があることが分かっています。

 

続いてポリフェノールですが、
ポリフェノールには抗菌・抗酸化作用があります。

 

その他にも血中コレステロール値を下げる効果、
疲労回復促進効果もあることが分かっています。

 

最後は、タンニンです。

 

免疫機能促進と抗酸化作用を持つタンニンは、
過剰摂取は胃を荒らす恐れがあるとのことで、
摂取には注意が必要になります。

 

花粉症の症状を緩和、改善には、ムチン、ポリフェノール、
タンニンの持つ作用が効果的だとされている理由になります。

 

そのれんこんの料理方法ですが、
一般的には、れんこんは皮をむいて調理されますが、
ポリフェノールは皮に多く含まれているため、
皮つきのままで調理されることをおすすめします。

 

摂取する量は、1日20グラムから30グラムです。

 

食べるコツは2つあります。

 

毎日少しでも摂取すること、
もう一つは長く食べ続けることになります。

 

食べ続けることで、花粉症の症状緩和、改善につながるとのことです。

 


れんこんは花粉症に効果ありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。