花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症の薬は前立腺肥大症の患者でも飲めますか?

 

前立腺肥大症は、50代から60代の中高年の男性に多い病気です。

 

前立腺肥大症とは、どのような病気になるのでしょうか?

 

簡単に言えば、加齢に伴って前立腺が肥大し、
尿道が圧迫されることにより、
様々な排尿障害を発生するのが前立腺肥大症になります。

 

主な症状は、頻尿、夜間頻尿、残尿感になります。

 

これらの症状には、そう深刻に考えなくてもいい慢性と、
下腹部の強い痛みを伴う、尿が出なくなってしまう
急性尿閉の急性があります。

 

腎臓低下につながりますので、気になる症状がある場合は、
安易に考えず、早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 

では、前立腺肥大症を理解したところで、
前立腺肥大症と花粉症の関係について説明したいと思います。

 

花粉症薬に含まれている成分の中には、
前立腺肥大症の患者には禁忌とされている成分があります。

 

それは、ジフェンヒドラミン系の抗ヒスタミン剤、
抗コリン剤になります。

 

ちなみに、こちらの成分は、前立腺肥大症だけでなく、
緑内障にも禁忌となっています。

 

特に抗コリン剤は、尿の排出力を弱め、尿道の収縮を促進して
尿の出を悪くする場合があるとのことですので、
服用には十分に注意することをおすすめします。

 

最後に花粉症薬以外に抗コリン剤が配合されている
可能性のある薬を紹介します。

 

まず、風邪薬です。

 

鼻水や鼻づまりといった風邪の症状は、花粉症の症状とよく似ており、
似た成分が配合されていることを憶えておきましょう。

 

その他にも、抗うつ剤、抗不整脈薬、パーキンソン病の薬等にも、
抗コリン剤は配合されています。

 

購入前に必ずパッケージに記載された成分を確認することをお忘れなく。

 


花粉症の薬は前立腺肥大症の患者でも飲めますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。