花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

眠くならない花粉症の薬はありますか?

 

毎年やって来る花粉症の症状に悩む患者は、
年々増加の傾向にあると聞きます。

 

鼻水、鼻づまり、目の痒みやくしゃみ等は、
日常生活に支障をきたす方も少なくありません。

 

その症状をなるべく早く楽にしたい!と願い、
市販薬を服用するのは、至極当然のことと思います。

 

ですが、花粉症薬には、眠気や口の渇き、
倦怠感等といった副作用があることをご存知でしょうか?

 

花粉症薬イコール眠くなる。

 

そんな図式がポピュラーになっていますが、
最近は薬の開発が進み、眠くなりにくい
花粉症薬が販売されているのです。

 

その花粉症薬は、第二世代抗ヒスタミン剤になります。

 

第一世代抗ヒスタミン剤は、眠気や口の渇き、
倦怠感といった副作用があり、服用には注意が必要でした。

 

ですが、その第一世代抗ヒスタミン剤のデメリットを考慮し、
販売されたのが、第二世代抗ヒスタミン剤になります。

 

ちなみに、花粉症薬は、第一世代抗ヒスタミン剤、
第二世代抗ヒスタミン剤、ステロイド系と
抗ヒスタミン薬の配合薬の3つに分類されます。

 

一番人気はやはり眠くなりにくい成分が配合された
第二世代抗ヒスタミン剤になります。

 

では、第二世代抗ヒスタミン薬について、
紹介したいと思います。

 

医師から処方される処方薬にはアレグラを始め、
アレジオン、クラリチン、タリオン、アゼプチン、アレロック、
エパステル、ジルテック、ザジデン、ゼスラン、
レミカット、セルテクト等があります。

 

市販薬には、アレジオン10の他、アレグラFX、
パブロン鼻炎カプセルZ、アルガード鼻炎内服薬ZU、
ザジデンAL鼻炎カプセル等が販売されています。

 

ただし、すべての薬が合うわけではありません。

 

体質、症状に合うものを選び、
服用されることをおすすめします。

 


眠くならない花粉症の薬はありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。