花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症の薬は妊娠中でも飲めますか?

 

ドラッグストアや薬局などで売られている花粉症薬は、
誰が服用しても良いわけではありません。

 

すべての成人に許可された花粉症薬は
存在しないと言っても過言ではありません。

 

花粉症薬を服用する場合、妊娠中の方に関しては、
大事をとってNGを出す医師もいます。

 

万が一、医師が処方薬の服用を許可しても、
何らかの指示が出る場合が多いとのことです。

 

なぜ、妊娠中の服用はNGなのか?

 

最大の理由は、妊産婦、胎児への影響です。

 

どんな薬でも、副作用が全くないとは言い切れません。

 

通常、健康な人でも服用する薬によっては、
眠気をはじめ、頭痛、口の渇き、倦怠感などの
副作用を感じる人は少なくありません。

 

妊娠中は、お腹に大事な赤ちゃんが居ます。

 

特に、妊娠初期は、赤ちゃんの体を形成する大事な時期であり、
どんな薬でも安易に服用することは大きなリスクがあり、
そのリスクを踏まえた上での服用となり、危険を伴います。

 

ただし、何度もくしゃみを繰り返し、
そのくしゃみによる腹圧が心配な場合、
また、症状が酷く、強いストレスを受けている場合や、
鼻づまりや鼻水により、思うように睡眠が取れず、
睡眠障害を起こしている場合などは別です。

 

その場合は、医師に相談し、妊娠中でも危険性の低い、
安全性の高い薬を処方してもらいましょう。

 

お腹の中の赤ちゃんのためにも、
お母さんの症状を早く楽にする必要があります。

 

ちなみに、妊娠中でも安全な薬には、
目薬、点鼻薬があります。

 

内服薬に関しては、医師に相談の上での服用が望ましいですが、
目薬、点鼻薬に関しては局所治療薬になりますので、
使用しても問題はないとのことです。

 


花粉症の薬は妊娠中でも飲めますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。