花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症の症状が軽い時は薬を飲まなくても大丈夫ですか?

 

花粉症になると、誰もが何らかの薬を服用し、
症状を早期に緩和、改善しようと考えます。

 

ですが、薬には眠気や口の乾き、
倦怠感などの副作用を発生する場合があります。

 

そのため、集中力を必要とする業務に従事される場合には、
避けてしまう方も少なくありません。

 

花粉症は、市販薬や処方薬のような薬を
服用しなければ症状を楽にすることはできないのでしょうか?

 

その問いの答えに関し、花粉症の患者さんが投稿した
口コミを紹介したいと思います。

 

<Aさん(33歳)の口コミ>

 

花粉症は、早期発見、早期治療が大切です。

 

症状が楽だからと言って、薬を我慢すると、
そのシーズン中、鼻水や鼻づまりなどの症状で
長く苦しむことになります。

 

私は、症状が軽かったせいで、
薬を服用せずに我慢したのですが結果は重症!

 

悪化させてしまって、ひどい目に遭いました。

 

それからは、毎年2月初めには病院に行って、
医師の診断の下、処方された薬をもらい、
指示を守って服用しています。

 

おかげ様で、あれからは寝込むこともなく、
快適に過ごせています。

 

<Bさん(28歳)の口コミ>

 

私は持病があり、その薬のせいもあって、
花粉症の薬はもらっていませんでした。

 

最初は症状が軽かったこともあり、のんきに構えていたのですが、
花粉の飛散がピークになったころ、鼻水、鼻づまりに加え、
充血、結膜炎と鼻と目が塞がってしまうことに。

 

慌てて病院に行き、薬をもらいました。

 

医師から、花粉症は初期治療が大事だ、
早めにケアを始めることによって症状を楽にできるとのこと。

 

我慢は禁物です。

 

お二人とも花粉症は早めのケアが大切とのことでした。

 

症状が軽くても正しく薬を服用する方がいいでしょう。

 

参考にされて下さい。

 


花粉症の症状が軽い時は薬を飲まなくても大丈夫ですか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。