花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症の処方薬と市販薬はどちらが効きますか?

 

花粉症の人は、誰もが必ずしも病院に行って
診察を受けるわけではありません。

 

医師の診察を受けると、医師から内服薬等を処方されますが、
花粉症は処方薬でしか治らないものなのでしょうか?

 

市販薬と処方薬、どちらがより症状が緩和され、
高い効果を得られるのでしょうか?

 

まず、市販薬と処方薬の違いについてですが、
市販薬の特徴、メリット、デメリットを紹介したいと思います。

 

市販薬の最大の特徴・メリットは、
誰もが購入できるため、
安全性を重視したものが多いことです。

 

また、幅広い症状に効果がある、
複数の有効成分が配合されている等があります。

 

反対にデメリットは、その有効成分をできるだけ長く持たせるための
防腐剤、保存料の配合されたものが多いこと。

 

症状に合った薬を選ぶことができないこともあるため、
症状緩和、改善が遅くなること。

 

また、体質に合わない場合、口の乾き、
倦怠感、眠気などの副作用があることです。

 

次に処方薬の特徴、メリットは、
専門的知識と実績を持った医師が診察し処方しますので、
患者の症状緩和、改善に高い効果が得られることです。

 

また、市販薬のような防腐剤等は配合されていないため、
使用期間が短く、新鮮なうちに服用できるなどがあります。

 

症状が軽いうちは市販薬でも何ら問題ありませんが、
症状が重い場合は、やはり医師の診察を受け、
医師が判断した処方薬をもらう方が効果が高いかもしれません。

 

仕事等で忙しく、病院へ足を運べない方で、
花粉症の症状を少しでも軽くされたい方は、
花粉の飛散が始まる1月末〜2月初旬には、
自身の症状に合わせた市販薬を購入し、
服用することをおすすめします。

 


花粉症の処方薬と市販薬はどちらが効きますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。