花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

雨の日だと花粉は少ないですか?

 

「雨が降ると、花粉の飛散量が減り、症状が楽になる。」

 

都市伝説のように何度も言われている話になりますが、
雨が降ると本当に症状は楽になるのでしょうか?

 

また、反対に雨の日は症状が重く、
悪化しやすくなるので気をつけていると仰る方もいらっしゃいます。

 

どちらが、正しいのでしょうか?

 

花粉による症状は、体に侵入した途端、
すぐさまアレルギー反応が起こる人と、花粉を吸いこんでも、
すぐにはアレルギー反応が起こらない人が居ることが分かっています。

 

これは、遅発性の人が居るためです。

 

吸い込んだ状態にもよりますが、
翌朝、翌日になってから、
アレルギーの症状が発生する人も少なくありません。

 

ちなみに、雨の日は気圧が下がり、
体内に存在するヒスタミンが増えるのですが、
ヒスタミンが増えるということは、
アレルギー反応が強まるということをご存知でしょうか?

 

また、気圧が下がることにより、副交感神経が活発に働くのですが、
この副交感神経の活発化も、アレルギー反応を強めてしまう結果になり、
症状を悪化させてしまうとのことです。

 

よく雨の日は喘息が悪化しやすいと言われますが、
これも気圧の低下が大きく関係しており、
気圧の低下によって副交感神経が活発化し、
発作が起こりやすくなるのです。

 

それから、雨の日は、花粉が飛散しないものと
考えている方がいらっしゃいますが、
それは大きな間違いです。

 

飛散量が減ることはありますが、
全く飛散していないわけではありません。

 

雨だからと油断して、マスクやメガネなどの花粉対策グッズを忘れ、
そのまま外出してしまうと、
後で後悔することにもなり兼ねません。

 

雨でも、通常の防備を行った上で
外出をされることをおすすめします。

 


雨の日だと花粉は少ないですか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。