花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

赤ちゃんでも花粉症になりますか?

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、
花粉症になるのでしょうか?

 

生まれたばかりのころは、
体に花粉が直接侵入することもありませんので、
0歳時の花粉症になる可能性は極めて低いと言えます。

 

ですが、1歳を迎えた赤ちゃんは、
気をつけなければなりません。

 

一度でも花粉シーズンを体験してしまうと、
その一度で花粉が体に侵入することを許してしまうため、
花粉症になる可能性が高くなるので注意が必要です。

 

赤ちゃんの体内で、花粉症の症状を発生する原因となる
IgE抗体を作らないよう注意する必要があります。

 

外出時、花粉の侵入を防ぐアイテムを着用するか、
外出しなければならない時は、
できるだけ花粉との接触を減らすことが、
もっとも大切になります。

 

花粉は、毎年体に侵入し蓄積されることで発症しますので、
花粉との接触を減らせば減らすだけ、
花粉症の発症リスクを抑えることができるのです。

 

但し、一度の花粉シーズンを終えた全ての赤ちゃんに
花粉症が発症するわけではありません。

 

ご両親が花粉症で悩むご家庭でも、
花粉症を発症しない赤ちゃんもいますので、
そう深刻に悩む必要もありません。

 

ですが、小さい赤ちゃんが
花粉症の症状で苦しむ姿を見るのは余りにも可哀想です。

 

花粉シーズン中の外出は極力避けるか、もしくは、
どうしても外出しなければならない時は、
花粉の飛散量が多い晴れ、風の強い日は避けましょう。

 

花粉の飛散量が少ない雨の日や、
または午前中などの時間帯を選び、
外出されることをおすすめします。

 

また、室内の花粉が気になる時は、
花粉を減らす手段の一つとして、
空気清浄機を利用してはいかがでしょうか?

 


赤ちゃんでも花粉症になりますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。