花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症検査で保険は使えますか?

 

病院で行う花粉症診断検査は、「血中IgE検査」、
「皮膚反応検査」、「鼻粘膜誘発テスト」が一般的です。

 

血中IgE検査とは、その名称の通り、
血中内のIgE量を調べる検査になります。

 

ちなみに、IgEとは、免疫グロブリンの一種になります。

 

私達の血液や組織液の中に存在するもので、
花粉症や喘息などのアレルギーの原因となる抗体を言います。

 

こちらの検査は2種類。

 

血中内の総IgE量を確認するための検査と、
花粉に反応した特異的IgEを確認するための検査になり、
検査費用は1,000円前後。

 

どちらも保険が適応されますと、1,000円前後という
安価な費用で受けることができるとのことです。

 

続いて皮膚反応検査について。

 

こちらの検査は、皮膚の表面に傷をつけ、
花粉のエキスをその皮膚に触れさせることによって、
反応を見るという検査になります。

 

皮膚の表面に傷をつけると聞きますと、
不安に感じる方がいらっしゃると思いますが、
そう大きな傷をつけるわけではありません。

 

小さなお子さまでも大丈夫!

 

安心して検査を受けて下さい。

 

ちなみに、検査費用は、保険が適応されますと、
500円〜2,000円前後です。

 

病院により多少の差はありますが、
3,000円もあれば、お釣りがあるのではないでしょうか?

 

最後は、鼻粘膜誘発テストです。

 

このテストは、先ほどの二つの検査に比べると更に手軽。

 

花粉のエキスを染み込ませた紙、
もしくはコットンを鼻腔内の粘膜に貼り付け反応を確認します。

 

検査費用は、皮膚反応検査同様、保険が適応された場合、
500円〜2,000円前後になります。

 

症状、検査箇所により前後しますが、
こちらも3,000円あれば、お釣りがあるとのことです。

 


花粉症検査で保険は使えますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。