花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症患者が年々増加しているのは何故ですか?

 

現代病とも言われる花粉症。

 

その現代病の原因には、
どのような理由があるのでしょうか?

 

また、花粉症患者が増加している理由は、
どのようなものがあるのでしょうか?

 

花粉症患者の増加の原因は、
スギ花粉の飛散量が増加したことだと仰る医師がいらっしゃいます。

 

ちなみに、日本において初めて花粉症だと報告されたのは1961年。

 

ブタクサ花粉によるものが初めてですが、
1963年にはスギ花粉、1964年にはカモガヤ、
1969年にはヨモギが報告されているとのことです。

 

花粉症の原因になるスギについてですが、
スギが日本に入って来たのが、いつなのかご存知でしょうか?

 

実は、スギは、縄文・弥生時代には、日本全国あちこちで見られており、
いわば、どこにでも植えられている一般的な植物だったそうです。

 

日本で一番古い植物だと言っても過言ではありません。

 

戦後、世界との貿易が開始されたことをきっかけに
日本に入ってきた植物は多々ありますが、
スギは遥か昔、すでに全国に広く分布していている植物だったのです。

 

その日本人の生活に密接な関係を持つスギが、
何故、年々花粉症患者を増加させる原因となっているのでしょうか?

 

その理由は、二つあります。

 

一つは、私達の生活環境の変化にあります。

 

その昔、歩いて用事を行っていた人々が車に乗るようになり、
道路が舗装されました。

 

大気中に漂う花粉は、雨や風によってあちこちに運ばれ、
土に流されていくのですが、舗装された道路では、
いつまでも大気中を漂うことに(><)

 

結果、私達の体に侵入しやすくなり、
花粉症患者を増やすことになったとのことです。

 

二つ目は、食の欧米化にあります。

 

高たんぱくな食事を好むようになり、
アレルギー体質になりやすくなったため、
花粉症患者が増加したとのことです。

 


花粉症患者が年々増加しているのは何故ですか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。