花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

水風呂入浴をする

 

花粉症に良いとされる方法に水風呂があります。

 

水風呂って逆効果ではないか?!

 

そう仰る方も少なくありません。

 

ですが、実は、水風呂には血行促進効果、新陳代謝促進効果、
ホルモンバランス調整作用、利尿作用、
アンチエイジング効果があり、花粉症にお悩みの方だけでなく、
美容にこだわる方にも、おすすめの入浴法なのです!

 

水風呂の持つ様々なメリットで、
体にたまった老廃物をスムーズに排出し、
体の中から健康体を目指してみませんか?

 

では、水風呂の入浴法について、説明したいと思います。

 

一般的なお風呂のお湯は、
40℃から42℃くらいでしょうか?

 

日本人は熱めのお湯を好むと言いますが、
それでも43℃を超えることはないと思います。

 

水風呂の温度は、16℃〜24℃でしょうか?

 

触れると冷たいと感じる温度であり、
この温度のお湯に入ると、更に冷たく感じる温度となっています。

 

ですが、実は、この温度が、
私達が日ごろ使用している水道水の温度なのです。

 

ちなみに、水風呂は水道をひねり、
そのまま加熱せず入ることから、そう呼ばれます。

 

小さいころ、小学校でプールに入った経験のある方も少なくないと思いますが、
あの屋外プールの温度も、16℃〜24℃です。

 

水風呂とそう変わりません。

 

水風呂に入浴する時は、いきなり飛び込んではいけません。

 

入り方は、まず、心臓から遠い足首から、
太もも、お腹へとかけていきます。

 

各部位に数回かけ、ゆっくりと時間をかけて、
水風呂の温度に体を慣らしていきましょう。

 

寒い季節、また、慣れるまでは、Tシャツなどを着こみ、
体温調節をはかりながら入浴されることをおすすめします。

 


水風呂入浴をする

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。